ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

かりる

現在のページ

住宅ローン

平成24年4月2日現在

ご利用いただける方

  • 満20歳以上65歳以下で最終弁済時満80歳以下の方
  • 安定継続した年収(前年度:税込収入)が100万円以上の方
  • 給与所得者の方は勤続年数2年以上(ただし、法人役員の方は3年以上)、個人事業者の方は営業年数3年以上
  • 原則として自己資金を必要総額の15%以上保有している方
  • 当金庫の会員になれる方
  1. 当金庫の地区内に住所または居所を有する方
  2. 当金庫の地区内で事業所に勤務されている方
  • 上記条件のいずれかに該当される方であれば、当金庫に出資していただき、会員となることができます。なお、会員となっていただかなくてもご融資をさせていただくことが可能な場合もございますので、詳しくは当金庫の職員にお問い合わせください。

お使いみち

  • 住宅の新築・増改築資金、新築・中古住宅の購入資金、宅地の購入資金、独立行政法人住宅金融支援機構および他金融機関の住宅ローンの借換え資金、これら住宅および宅地の取得に際し必要な登記費用、保証料、火災保険料、設計監督手数料資金。なお、住宅融資保険を保証会社とする場合、火災保険、住宅融資保険料等は対象となりません。

ご融資金額

  • 50万円以上5,000万円以内

ご利用期間

  • 35年以内

ご融資利率

  • 固定金利型:当金庫所定の利率を適用させていただきます。
  • 変動金利型:当金庫所定の利率を適用させていただきます。
  • 変動金利型(上限金利設定付):当金庫所定の利率を適用させていただきます。
  • 上記いずれかを任意選択していただきます。ただし、上限金利設定付を選択していただいた方はあらかじめ決められた上限金利を上回ることはありません。
  • 金利情勢によっては、団信保険料率をご融資利率に上乗せする場合があります。
  • ご融資後の利率については、3月1日および9月1日を基準日とし、基準日現在のご融資利率を年2回見直しを行います。ご融資利率を変更する場合、変更後の融資利率の適用開始日は基準日以降最初に到来する5月または11月の約定返済日の翌日とします。

ご返済方法

  • 元金均等、元利均等の2種類ご返済方法があります。
  • ボーナス併用(ご融資額の50%以内)も可能です。
  • 元利均等返済で利率に変動があった場合、借入日から5回目の基準日を経過するまでは、その間に利率の変更があっても原契約に定めた毎回の返済額は変更しないものとします。
  • 返済額の変更は基準日を5回経過する毎に行うものとし、新返済額は新借入利率、残存元金、残存期間等に基づいて算出するものとします。ただし、新返済額は「前回返済額 ×1.25」を限度とします。その後更に基準日を5回経過するまでは、その間に利率の変更があっても返済額は変更しないものとします。
  • 最終の返済額見直し以降、借入利率変更に伴い、最終期限に未払利息および借入金の一部が残る場合には、最終期限に一括お支払いしていただきます。

保証人・担保

  • 保証人:当金庫が認める第3者の保証人を必要とします。
  • 担保:融資対象物件を担保差し入れしていただきます。また、差し入れしていただいた建物については、火災保険のご契約をいただき、保険金請求権に質権を設定させていただきます。なお、保険金額は建物の時価としていただきます。
  • 原則として、「一般社団法人しんきん保証基金」のご利用、または「住宅融資保険」と「団体信用生命保険」にご加入いただきます。

手数料等

  • 「一般法人社団しんきん保証基金」を利用した場合、基金に対してご融資金額とご融資期間に応じた保証料がかかります。
  • 融資事務取扱手数料:「各種手数料―融資関係手数料一覧表」のとおり、手数料をいただきます。
  • 一括繰上返済、一部繰上返済、その他条件変更の場合についても、「各種手数料―融資関係手数料一覧表」のとおり、手数料をいただきます。

その他

  • 審査の結果ご希望に添えない場合もございますので、あらかじめご了承ください。また、現在のご融資利率やご返済額の試算については当金庫の職員にお問い合わせください。

ここからサブメニュー

かりる

サブメニューここまで

  • 地域情報 詳しくはこちら
  • レンガの家きらり イベント開催情報はこちら
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー